新入社員

年に一度

行政書士という職業は、市民や法人等の方が、各省庁などの国の機関や都道府県、市町村などの行政機関から法律に基づいた専門サービスなどを受ける際に、提出する資料を代行して作成したり、書類の提出などの手続きを行うなどの、行政機関が行う法律に基づいたサービスの手助けを行ってくれます。
行政書士の業務を行うものは法律に基づいた国家資格を取得した方々です。
行政機関の書類提出については、それぞれの制度にかかる法律に基づき提出するものですので、手続きに不慣れな人は、記述された内容の把握や書類の収集などに大変手間暇が生じてしまいます。
行政書士は常日頃からそのような法律に基づいた業務を取り扱っていることからスムーズに目的を達成することができ、また専門的なアドバイスを受けたることも可能です。

行政書士の業務における分野はとても幅広く、先に紹介した行政機関のやりとりといっても様々な種類があることから、それぞれの得意な専門サービスを主として業務を行う事務所が大半です。
また、この仕事は弁護士や司法書士とも競合する部分があり、それぞれの状況や目的に応じて判断する必要があります。
例えば、離婚に係る相談や手続きは、その度合いによって依頼先が変わってきます。
話し合いが解決している場合や簡単な内容であれば、書類の手続き程度のため行政書士への依頼が金額的にもよいですが、相手との交渉がもつれるような場合は相手と直接交渉が可能な弁護士に依頼する必要があります。
また、債権回収などは行政書士でも可能な場合はありますが、登記や不動産の権利等の手続きが生じる場合、また回収金額額等によっては司法書士へ依頼することとなります。
そのように、それぞれの状況に応じて対応してくれる専門家を選びましょう。